• おぐ先生(小倉 丘礼)

重心放課後デイは融資が受けやすい?一般放デイと開業資金や融資を比較!

更新日:9月6日


放課後デイ 開業

放課後等デイサービスは福祉事業の中でも利益を出しやすいモデルであり、現在さまざまな他業種からの新規参入が多い児童福祉サービスです。放課後等デイサービスには一般的な放課後等デイサービス(以下一般放課後デイ)と、重症心身障害児向けの放課後等デイサービス(以下重心放課後デイ)の2種類があり、自治体からの報酬や事業所の運営方法など多くの部分で異なります。


今回は、放課後等デイサービスのサービス形態である一般放課後デイと重心放課後デイについて、フランチャイズ本部を運営する放課後デイGrannyが、放課後デイの開業に興味を持つ経営者の疑問にお答えしていく形式の動画を解説します。

目次

1.放課後デイ開業の総資金

 1-1.一般放課後デイの場合

 1-2.重心放課後デイの場合

2.放課後デイは融資を受けやすいのか

 2-1.放課後デイは売上が安定した福祉事業である

 2-2.政策金融公庫を利用する場合

 2-3.開業までの時間はできるだけ最短であるべき理由

3.会社設立のタイミング

4.会社設立の注意点

5.まとめ


1.放課後デイ開業の総資金

放課後デイ 開業

まず経営者が気になるのは、開業にあたってどれだけの初期投資が必要かという点です。放課後等デイサービスの場合は、開業総資金と運転資金などを総額して1000万円から2000万円と言われています。


そこで、放課後等デイサービスのフランチャイズに加盟すると、開業資金はどのように変化するのでしょうか。放課後等デイサービスはどうなのでしょうか。


一般放課後デイの場合

一般放課後デイの場合、開業資金は1500万円〜2000万円は必要なようです。ご自身だけで開業される場合は1000万円でも良いと思われますが、フランチャイズ加盟をすると”加盟金”が必要になりますので、最大2000万円程度かかる場合もあります。


重心放課後デイの場合

Grannyの重心モデルでは開業資金の最大値は1000万円です。一般放課後デイを1事業所つくる費用で、重心放課後デイを2拠点作れる場合もあるようです。


なぜ開業資金でこれまでの資金幅が異なるかというと、「療育」の内容が異なるからです。一般放課後デイの場合は元気よく子どもを遊ばせるための指導訓練室の広さが求められます。一方重心放課後デイの場合は一般放課後デイの半分の面積で十分のようです。そのため、物件が探しやすく、リフォームが必要になっても費用が半分で済みます。


Grannyの重心放課後デイ加盟店の初期費用の一例をご紹介しておきます。

項目

金額

加盟金

3,000,000円

物件取得・リフォーム費

2,000,000円

開業前研修費

500,000円

設備・備品

900,000円

求人広告費

500,000円

保険加入費

30,000円

車両リース

60,000円

合計額

6,990,000円

独立開業にあたって少しでも開業資金を押さえたいということであれば、まずは必要な開業資金を細分化して把握し、優先順位を決めていくのがオススメです。まずは独立開業にあたって最低限必要なものは費用をかけて準備し、優先度が低いものは経営を始めてから徐々に揃えても良いでしょう。


重心放課後デイの開業については「重心児向け放課後等デイサービスの開業条件と初期投資費用を解説」でも詳しく解説しています。参考にしてください。


2.放課後デイは融資を受けやすいのか

資金面に余裕がない方は、融資を受けて開業することも可能です。福祉事業は融資が受けやすいのか、それとも審査は通りにくいのかを解説します。


放課後デイは売上が安定した福祉事業である

放課後デイ 開業

放課後等デイサービスの売上は、90〜95%が国や地方自治体からの公金です。そのため、税金が投下されるということに対して銀行や金融機関からは事業の堅さという面が評価されて融資を受けられる可能性は高まります。ただし、融資を受けやすいとはいえ、金融機関などとの面談にどれだけの準備をして面談に臨めるかがポイントとなります。


気を付けなければならない点は、一般放課後デイは競合が増えているため、コンセプトや競合優位性が厳しく審査されていると思われます。


政策金融公庫を利用する場合

政策金融公庫を利用する場合、政策金融公庫では各支店で審査と融資があります。支店での融資額の上限は1000万円です。1000万円を超えた場合は、公庫の本部決済もしくは銀行や信金などと同時進行で融資を申請するため、時間がかかる上にハードルも上がります。そのため一般放課後デイは自己資金がある程度必要なうえに融資のための時間やハードルがかかると言われているのです。


開業までの時間はできるだけ最短であるべき理由

融資が出るかどうか、そして融資が出るまでの時間は、事業のスタートにとって非常に重要です。例えば融資を受けるまでの期間が2週間早いだけで、物件探し・求人に早く着手できるため、必要資金が少ないことはその後の開業活動に影響します。


そのため開業資金が多く必要な一般放課後デイは、金融機関との調整がより多く必要であり、リスクが高いとも言えます。その点Grannyの重心放課後デイは開業に最大でも1000万円ほどで足りるため、政策金融公庫の支店決済が可能となり、融資を受けやすいといえます。


3.会社設立のタイミング

放課後等デイサービスの事業は法人として自治体から許認可を受ける事業形態です。前述した資金調達の際や、物件の契約をする際には法人でなければいけません。そのため、資金調達をする場合は資金調達前までに法人を設立する必要があります。資金調達が要らない場合は、物件契約の前までに法人を設立するのが良いタイミングです。


放課後等デイサービス事業は法人であれば問題ないため、株式会社・合同会社・一般社団法人・NPO法人などの形式は問われません。「福祉事業は営利法人だとNGなのでは?」と思われがちですが、株式会社でも問題ありません。ただ、NPO法人の場合は法人自体の許認可に時間がかかるので、株式会社か法人設立の費用が抑えられる合同会社が王道です。


4.会社設立の注意点

会社設立の際に定款を作成しますが、定款の目的に「児童福祉法に基づく障害児通所支援事業」の文言を入れていないと、開業の認可が降りずに放課後等デイサービスの運営ができません。よくあるのが、法人を持っているけど許認可を取る際に文言を入れてないというパターンです。文言の差し替えだけでも3万円の登録免許税がかかるので、なるべく早く定款をまとめておきましょう。


5.まとめ

放課後デイ 開業

引用:【直球質問】重心放デイ VS 一般放デイ|開業って不安なことが多いんですけど大丈夫ですか?|YouTube


今回はGrannyの重心放課後等デイサービスと一般放課後等デイサービスの比較をし、開業資金や融資、法人設立について説明した動画を紹介しました。福祉事業はその社会貢献度から今後も無くならないことが予想され、特に放課後等デイサービスは利益をだしやすい福祉事業のため、競争が激化していきます。放課後等デイサービスの開業に興味がある方は、重心放課後デイにも注目してみましょう。


参考元:【直球質問】重心放デイ VS 一般放デイ|開業って不安なことが多いんですけど大丈夫ですか?|YouTube