• おぐ先生(小倉 丘礼)

放課後デイのフランチャイズってどうなの?メリットやデメリットを解説


フランチャイズ是非

放課後等デイサービスもフランチャイズ運営が中心となっていますが、そもそもフランチャイズに加盟するメリットとはどのようなものなのでしょうか。


今回は、放課後等デイサービスのサービス形態である一般的な放課後等デイサービス(以下一般放課後デイ)と重症心身障害児向けの放課後等デイサービス(以下重心放課後デイ)のフランチャイズ運営のメリットやデメリット、運営体制について、フランチャイズ本部を運営する放課後デイGrannyが経営者の疑問に答えていく形式の動画を解説します。


参考元:【FC】重心放デイ VS 一般放デイ|正直フランチャイズってどうんですか?稼げるんですか? | YouTube

目次

1.フランチャイズ加盟のメリット

2.フランチャイズ加盟のデメリット

3.本部のフォロー体制はどこまで?

4.フランチャイズで利益は出せるのか

5.親身になってくれるフランチャイズ本部の見極め方

6.まとめ

1.フランチャイズ加盟のメリット

フランチャイズ是非

フランチャイズという事業形態自体が、ビジネスとして成功したノウハウをもった企業が経営方法を提供しているという構図のため、その業界や仕事内容の知識・経験がない人でも事業に取り組みやすいというメリットがあります。


漠然と起業したい事業があるが、どうビジネス化すれば良いのか分からないという方にとっては事業の再現性と事業展開のスピードがあるフランチャイズをおすすめします。


放課後デイGrannyが提供している重症心身障害児向け放課後等デイサービスだと、フランチャイズで開業することでおもに4つのメリットがあると提案しています。

  1. 初期投資が比較的少ない

  2. 利用者の費用負担が軽い

  3. オーナーが資格者である必要はない

  4. 需要に対して施設が足りない

メリットについて詳しくは「重心児向け放課後等デイサービスの開業条件と初期投資費用を解説」で解説していますので、参考にしてください。


2.フランチャイズ加盟のデメリット

フランチャイズ加盟で一番障害と感じやすいのが、加盟金やロイヤリティを支払う必要があることです。加盟金やロイヤリティはフランチャイズ本部によって額が異なり、10万円から500万円超えのものもあります。さらにロイヤリティは毎月の固定制や売上の何%と決められており、積み重なれば年間数百万円〜数千万円までいくケースがあります。


なぜここまでフランチャイズ加盟の費用がかさむのか。その理由は、ビジネスモデルを作る際には膨大な労力とお金がかかっているからです。起業時の時間的・資金的コストを最小限に抑えながら、利益の出るビジネスモデルを真似でき、本部からのサポートを得られるのがフランチャイズです。本来かかるはずだった立ち上げコストを考慮すると、加盟金やロイヤリティを支払ってもおつりがくると言えるでしょう。


確実なノウハウや事業展開のスピードのための投資と考えると、大したデメリットではないのではないでしょうか。


フランチャイズ加盟のデメリットについては「脱サラしてフランチャイズをする前に見るべき開業までの流れを解説」でも詳しく解説しています。参考にしてください。


3.本部のフォロー体制はどこまで?

「本部がフォローしてくれない」と不満を感じる加盟店様は、まず本部と加盟店とで役割が違うことを理解する必要があります。


本部の役割は2点あります。いかに効率的に運営できるかを追求することと、加盟店オーナーの事業展開の研究・開発を行うことです。一方、加盟店の役割は顧客獲得や人材管理など事業所の運営です。


フランチャイズ本部の役割

  • 効率的な運営の追求

  • 事業展開の研究開発

加盟店の役割

  • 顧客獲得や人材管理などの事業所運営

本部も店舗運営のサポートを行いますが、店舗運営の主体は加盟店です。経営者はあくまでも加盟店オーナーさんですので、本部に丸投げできると期待するのではなく、経営者としての店舗運営責任をしっかり果たしましょう。


4.フランチャイズで利益は出せるのか

利益を出せるか否かは経営者次第ですが、本部と良好な関係を築いて円滑なコミュニケーションを取れている経営者は、利益を出せている傾向にあります。


利益を出す際は支出であるロイヤリティの存在も気になります。ロイヤリティは売上の何%もしくは月額固定の2パターンがあります。

ロイヤリティの制度

売上変動制であれば売上が伸びるほどロイヤリティも増えるため不満がたまってきますが、儲かっていない時はその分支払額が安くなります。一方で、固定制であれば売上が上がってもロイヤリティ額は変わらないため、利益を出しやすくなりますが、コロナ禍で営業できない店舗があったように、売上がない月も同額の支払いが発生するため、お金の管理が重要になります。


フランチャイズは儲かるのか、どんなフランチャイズ事業なら稼ぐことができるのかについては「フランチャイズは儲からない!?儲かるフランチャイズの選定方法を徹底解説」でも詳しく解説しています。参考にしてください。


5.親身になってくれるフランチャイズ本部の見極め方

現在ではさまざまな業界でフランチャイズ展開が進んでおり、中には悪徳なフランチャイズ本部も存在しますが、どのように見極めればいいのでしょうか。


フランチャイズ加盟を検討する際は、説明会などで本部の営業と面談をします。この営業と話しているときに波長が合い一緒に頑張りたいと思えるかを判断材料にすると良いでしょう。今後長くかかわっていく本部ですから、自分がかかわりたいと思えるかどうかはかなり重要なポイントです。そして会社ホームページやSNSもチェックしておきましょう。


放課後デイGrannyでは、面談の際に「一緒に頑張りたいと思えるかを判断する時間にしてください」とオーナーさんにお伝えしています。一緒に放課後デイを社会に広めるぞ!という共通認識を持つことで、有意義な時間にしてほしいからです。


6.まとめ

フランチャイズ是非

引用:【FC】重心放デイ VS 一般放デイ|正直フランチャイズってどうんですか?稼げるんですか? | YouTube


今回は、放課後デイGrannyの考え方を示しながら、フランチャイズ加盟について解説しました。起業の効率化のためにフランチャイズ加盟を検討する際は、メリットとデメリットを把握し、適切な見極めを行っていくことが大切です。


放課後デイGrannyの事業形態などは、サービスページでもご覧いただけます。


参考元:【FC】重心放デイ VS 一般放デイ|正直フランチャイズってどうんですか?稼げるんですか? | YouTube